人類に奉仕するロータリー












2019-2020年度 会長 長岡 哲也


前年度の森会長からバトンを引き継ぎ2019-20年度の柏東ロータリークラブの会長職を継ぐこととなりました。ご縁がありロータリーに入会させていただき、私の人生のテーマである「日々の楽しさの追求のための活動」の一貫として、例会の出席・奉仕活動や勉強会への参加などを重ねて今日に至っています。入会当時は、会長になるなど夢にも思わなかったので、この場に至りあらためて責務の重さを実感しています。ロータリアンとしての経験も浅いため、会員のみなさまのご理解とご協力・ご指導ご鞭撻をいただき、可愛がられながら努めてまいります。

 2019-20年度RI会長 マーク・ダニエル・マローニー氏(アメリカ・アラバマ州)は今年度のRIテーマを「ロータリーは世界をつなぐ ROTARY CONNECTS THE WORLD」と発表しました。また、第2790地区 諸岡靖彦ガバナーは地区スローガン「ロータリーから千葉を元気に」と宣言されました。これらは日々事業を営む私達のとって必要不可欠なことであり、「地域から世界へ」行動をもって変化をもたらすことができると確信しています。

RI会長の意向を『楽しいクラブにしよう』と第一義的に理解し、具体的な会長指針を以下のように掲げます。

1・会員増強の向上

 規定審議会で職業分類は実質的になくなりました。勧誘の幅も広がり、現在の会員増強に加えて、職業分類にない新しい職業の方への拡大を目指します

2RLI参加への継続

 クラブの研修課程としての定着を考えます

3・奉仕活動の達成とその広報

 当クラブは盛んに奉仕活動を行いその内容も充実しています。この活動を表現して他のクラブや団体との「繋ぎ」へと発展させます

4・ロータリー財団・ポリオプラス・米山記念奨学会への意識

 自分達の知らない場所で、時には危険も顧みずにロータリーバッヂのステータスに貢献いただいている方々が多数いらっしゃいます。せめて私達はそれぞれの寄付へ会員全体で取り組み、意識向上を図ります

これらの実現には新たな取組・工夫が伴いますが、チャレンジしていきます。

リーダーに従いリーダーが中心となって活動する「先生型」から時代は変化をしています。グループに所属しながらもメンバー1人ひとりが「明確に目標を持ち自立する」クラブを目指します。目標をそれぞれが確認し、それぞれが考えて、それぞれが行動する、同じ目的に向かって、協力する同士による奉仕活動を希望します。

本年度のご協力・ご理解をみなさまには重ねてお願いいたします。